幼児教室で行う体操とは

幼児教室で行う体操とは

幼児教室で行う体操とは 「体操教室の幼児部」なのか、それとも「文字通り幼児教室の体操」なのかで性質が全く変わって来ます。
前者の場合は、大別して2つにタイプが分かれ「競技会関係を強く意識したタイプ」と「個人の成長に力点を置いたタイプ」があると思って下さい。
競技会を強く意識した物は、あるいは国体やオリンピックの様な物を想像すると分かりやすいですが、幼児教室とは言っても「勝つ事」を前提に置いています。
本人との相性や考え方とも関係してきますので良い悪いは一概には言えませんが、入賞を意識している以上、結構キツイ訓練も普通に行われたりします。
(※競技会が具体的に設定されておらずとも、指導官がそれを強く意識した訓練をする場合もあります。)
対して個人の成長に力点を置いている方は、競技会意識型よりも迂遠な面は否めませんが本来の意味で「体を操る術を学ぶ事で健康な心身を育てよう」という所だったりしますので、運動神経が鈍かったり引っ込み思案の子に良い経験をさせたいという様な時には、このタイプで良い先生がいる所を探すのも1つです。
続いて、「文字通り幼児教室で実施されるタイプ」の方は、率直に言って教室毎で相当に違うと思って下さい。
幼い頃の心身の発育に上手く活用しようという事で、知育の専門家がやる様な物もあるかと思えば、子供を意識したエンターテイメント系の考えが根本にある物もあり、伝統文化に端を発した様な物まであります。

芸術活動を目的にした幼児教室のメリットとは

芸術活動を目的にした幼児教室のメリットとは 幼児教室というと、指先を使う育成をしたり図形や空間能力を伸ばすカリキュラムや、算数の基礎や言語能力を発達させるなど様々な学習が行われています。
そんな幼児教室の中には、芸術をカリキュラムに組み込んでいる教室もあります。
実際にアートなどの芸術作品を見ることや、ものを作るという活動を行うことによって子供の内面の発達を促すというメリットがあります。
子供の発達段階に合わせて基礎的なものから発展的なもの作品を作っていくことで、工夫する力や集中力、思考能力などを身につけていきます。
また、使われている素材や道具も幅広いことで色々な発想へとつなげられます。
幼児教室では、平面絵画だけではなく立体造形なども行われていています。
一つの作品を子供自身が作り上げることによって、達成感を味わえるというのもメリットの一つと言えます。
作品を通じて子供自身が、想像、計画、選定、実行、完成というプロセスを味わえる教室となっています。

新着情報

◎2021/5/27

幼児教室と保育園の違い
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

幼児教室で行う体操とは
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児教育 体操」
に関連するツイート
Twitter

“1-9歳一貫教育”を実現する、保育・幼児教育・学童が一体となった施設が開園🧒👦👧 英語クラスから、リトミック、ダンス、空手、体操、水彩画、受験クラスに加え、金メダリストである北島康介氏の会社が監修を務める「KITAJIMAQUATICS」の水泳プログラムも!

保育園卒で早期教育なーんもやってなくて、サッカーやってた弟が東大現役だったもんなー。 でも、なんとなくやらせなきゃって幼児教育はとりあえず、体操とゲームみたいなスマイルゼミやってるんですけどね。 やっぱり、体験かなーと思うので色々なところにでかけたいけど。 コロナがなぁ。

先日放送された、いないいないばあの歴代OPとか体操とか25年分全部知ってたんだけど、人生いろいろあったけど教育テレビ/Eテレの夕方はちょいちょい見てたんだなと...独身でも社会人になっても。みんなそうかと思っていたけど夫もママ友も見てないらしい。幼児教育に興味があるのかも。

子どもに体操を教える時、常に考えるのは決まった動作の中でいかに遊ぶか。 子どもにとって運動は遊び。 だからこそ、意味のある遊びを。

【からだの森:無料メールマガジンのご紹介】 アクア・子ども体育教室「からだの森」では子どもの発育発達、運動神経の仕組みなどがわかる内容を中心とした無料メールマガジンを配信させて頂いております。 ご登録はこちらから