幼児教室と保育園の違い

幼児教室と保育園の違い

幼児教室と保育園の違い 幼児教室と保育園は、教育方針に大きな違いがあります。幼児教室は特定の分野に対して行うもので、それぞれの教室で掲げている方針やメソッドが異なります。文字や数字を使った勉強を行うこともありますが、基本的に遊びの延長で自分で考えることや解決する能力を育てることに重点をおいています。
協調性を養いながらいろいろなことに興味を持ち、将来的な可能性を広げることを目的として運営されています。一方、保育園は保護者の就労などを理由に保育を必要とする児童を預かる施設です。そのため保育時間が朝7時前後から夜18時前後と長めであることが特徴で、園によっては深夜まで対応しているところもあります。教育施設でもあるため簡単な勉強時間を設けていることもありますが、基本的には乳幼児の成長にふさわしい日々の生活を通して、人間形成の大切な基礎を育むことを目的としています。認可施設と認可外施設の2種類があり、それぞれに保育時間や内容が異なるため、目的に合った園を選ぶことが大切です。

幼児教室で先生からどんなことを学べるのか?

幼児教室で先生からどんなことを学べるのか? 近年ますます活発になって活動しているのが、幼児教室です。小さいうちから、良い教育や恵まれた環境を与えることで子供の持っている能力を存分に引き出しそれを伸ばしてあげることが出来るのです。では、幼児教室で教えている先生からはどんなことを学べるのでしょうか?一つは学習方法です。
小さい子供は集中力がとても限られていますので、親が「勉強しなさい」「集中しなさい」といっても逆効果です。5歳児の集中力は5分から長くても10分といわれています。もう少し小さい子であれば2~3分しか持たないでしょう。しかし、幼児教室の先生は小さい子の限られた集中力でも楽しく学べる勉強方法を知っていますので、子どもたちも苦痛に感じることなく楽しく学ぶことが出来るのです。幼児教室に通うようになってから、本を読むのが好きになった、音読が上手になった、という子はたくさんいます。ぜひ、子どもに合った教室を選んでたくさんのことを学びましょう。

新着情報

◎2021/5/27

幼児教室と保育園の違い
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

幼児教室で行う体操とは
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児教育 先生」
に関連するツイート
Twitter

【拡散希望】 川﨑聡大先生

宮城県私立幼稚園PTA佐々木幸士会長とともに、宮城県私立幼稚園連合会役員のみなさんから、幼児教育の現状についてお聞かせいただき意見交換。宮城県私立幼稚園連合会事務局。園長先生から様々伺い、県議会として今後取り組む課題をいただきました。

無藤隆先生(2011)は「幼児教育は何かと考えると、いかに親密性を高めて目的志向性を育てるか、ということになります。すごく大雑多にいうと、親密性は care であり、目的志向性は education です」と述べています。この意味は深いと思っています。

幼児教育の音楽表現、松本先生のクラスの人水曜日何か曲練習して来てとか言われましたか? 誰でもいいんで教えてください🙇‍♂️

初等教育、幼児教育、保育、音楽療法の大学・短大の実践教科としてアコーディオン講座を始めてみませんか?先生が子供たちの輪の中心に入って歌をリードできる理想的なスタイルが実現可能!プレイヤーとしても高校教師としても経験豊富なアコーディオン奏者の長坂憲道が心を込めて教えます!